忍者ブログ
  • 2018.01
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 2018.03
パンタグラフ


パンタグラフ・完成。



少し間が空いてしまったが、現在制作中の山陽電鉄3200系のパンタグラフ、ようやく完成したのでこの場を借りてご報告しよう。


ここまで組上げるのに、位置調整やら何やらで2週間近く。
細かい所でまだアラはあるが、切りがない&気力の問題で今回はこの辺りで手を打つ事に。


下げた状態のパンタも作成。
パンタ上げ下げは手間がかかる割に、需要があるのか不明なので非対応にしようか…と思った時期もあったが、最終的には作る事にした。
(VRM界隈のブログやツイッターを見てみても、パンタを下げたシーンを使っている所は殆どお目にかかったことが無いため)

そして、山陽3200系に使われている菱型パンタのモデルが完成した事により、我々の車輌制作は一つの節目を迎えた。

 
(写真は福井鉄道200形)
そう…今後菱型パンタ車を制作する時は、1からパンタグラフをモデリングしなくても良い、という事だ。

もちろん、同じ菱型パンタでも形式によって細部が異なるが、それでも基本の形があるだけでも制作効率は天と地ほどの差があるからな。



さて、パンタも完成した所で、いよいよ各車の細かい部分の仕上げに入る。
具体的に言うと、床下機器とパンタ有中間車の屋上機器の作り込みだ。

春の到来までには、プロトタイプ(3200系3連)だけでもリリースしたい所だ。

(3000系or3050系4連も、3200系3連が終わったらリリース予定)




















拍手[0回]

PR
【2018/01/28 17:57 】 | VRM車輌製作記 | 有り難いご意見(0)
| ホーム | 時期遅れのあけおめです>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














| ホーム | 次ページ>>