忍者ブログ
  • 2020.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/04/07 23:09 】 |
山陽電鉄3200系 ほぼ完成

 
VRM版山陽電鉄3200系、(ほぼ)完成。




年明けの更新以降、長々と更新を止めてすまない。
(毎日ここをチェックしている物好きもいないだろうが)

更新を止めていた理由は簡単。
3200系のモデリングに専念していた為であるが、ようやく…


.VRM版山陽電鉄3200系がほぼ完成した。
(大事な事ゆえ、二度赤文字で言っておく)


地下鉄駅の3200系。
何気に、3200系は3両編成で地下駅&地下鉄に合う貴重な車種。
(実際に3両で地下路線である神戸高速線を走っている為)

なおカンの良い方への予め言っておくが、方向幕への突っ込みはしないでくれ。


そして3200をリリースしたら恐らく多くのVRMユーザーがやるであろう、JR西223系との並び。
外装だけなら、なんら問題は無さそうだ。

欲を言えば223に対応して内装まで作りこみたかったが、気力がもう限界に近かった上…


車両ファイルの容量も、現状でもアイマジック社の中の人が作ったメトロ東西線15000系の3倍近くとかなりの重さになっている。


あれだけリアルな車輌モデルを、これだけ少ない容量で作れるアイマジック社の中の人の技量には頭が下がる。
流石はプロ……といった所か。

 
話を戻すが流石にこれ以上車両ファイルの容量を増やす訳にもいかないので、今回は内装については運転台周りのみにとどめておく事にした。

気力と要望があれば、座席くらいは作りたい気はするが……



さて、VRM版山陽電鉄3200系をリリースするまでの今後の流れであるが……

・各部分の最終チェック&調整
・旧塗装(クリーム色と紺色のツートンカラー)の作成
・マニュアルの作成

こんな所か。
トラブルがなければそこまで時間はかからないだろうが……
リリースまで、あと少しだけお待ちいただければ幸いだ。






















拍手[0回]

PR
【2018/03/25 16:36 】 | VRM車輌製作記 | 有り難いご意見(0)
<<VRM用山陽電鉄3200系、リリース | ホーム | パンタグラフ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>