忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/23 18:49 】 |
京急新1000形
Rei-Hanashi2.jpg
レイ:あまり長い事アイマジック社公式掲示板に投稿していないと、存在を忘れ去られる可能性が大なので・・・・・・
練習方々撮影した京急新1000形の資料写真を送りつけてきた。


投稿先リンク:
新1000形





Rei-Tukare.jpg
レイ:今回は旧カメラ(E-500)で撮影したものと、新カメラ(OM-D)で撮影した物を両方送った。
しかし、今見てみると・・・・・・ 旧カメラで撮影した写真は、我ながら酷い出来だ。

Tubaki-Nomal2-2.jpg

椿:酷い出来って・・・・・・ああ、旧カメラで撮影した写真で、まともにピントが合っている写真なんかほとんどないね。

Rei-Nomal2.jpg
レイ:左様・・・・・・
ピントの合わせ方をきちんと分かっていない頃の産物故、カメラに詳しい通の方からみれば見るに耐えない代物だと思うが・・・・・・

京急の車輌・・・・・・特に新1000形のバリエーションは豊富過ぎるどころの騒ぎでは無い。
なので、VRMで製品化するには相当な枚数の資料写真が必要になってくると思われる。

それ故、資料になりそうな写真はたとえピンボケ写真でも送付する価値があると判断し、今回投稿した次第だ。

Tubaki-Nomal2-2.jpg
椿:なるほどね~
で、新カメラで撮影した写真はどんな感じだった?

Rei-Kokukoku.jpg
レイ:結論から言うと、技術の進歩・・・・・・というものをまざまざと感じさせた。



KeikyuN1000-OldCamera.jpg

写真1・旧カメラ(E-500)で撮影

KeikyuN1000-NewCamera.jpg
写真2・新カメラ(OM-D)で撮影


レイ:上に新旧カメラで撮影した京急新1000形(アルミ車)の右側面写真をならべてみた。
元のサイズより大幅に縮小しているゆえ、これだけでは違いがよく分からないと思うが・・・・・・

KeikyuN1000-Up2.jpg

写真3:旧カメラ(E-500)で撮影・拡大

KeikyuN1000-Up1.jpg
写真4:新カメラ(OM-D)で撮影・拡大



レイ:拡大するとご覧の通り。
ピントの合い方が明らかに違う。

これはカメラの性能もあるが、それ以上にOM-Dではピントを合わせたい被写体をロックオンする?機能があり、ピントの合わせ易さが格段に向上したのが大きいだろう。


Rei-Nomal2.jpg
レイ:まあ、旧カメラで撮影した写真のストックも残り少ないし、今後は新カメラで撮影した写真がメインになってくるだろう。
それ故、今までより高画質な資料写真をアイマジック社に提供できるはずだ。


Tubaki-Nomal2-2.jpg
椿:それはいいけど・・・・・・カメラの設定をまちがえちゃだめだよ。
いくら高性能カメラでも、さすがに中の人の誤作動までは補正しきれないからね。


レイ:・・・・・・肝に銘じておこう。
(恥ずかしながら設定ミスは良くやるからな・・・・・・余は)


拍手[2回]

PR
【2012/04/20 17:24 】 | VRM資料写真撮影記 | 有り難いご意見(0)
<<東急世田谷線(2) | ホーム | ド素人鉄道写真館 筑豊電鉄編>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>