忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/23 18:48 】 |
2014年資料容量ランキング 鉄道事業者編

(伊豆急伊豆高原駅:車内より撮影)
続きまして、事業者別ランキングです。


コスモス:今回の担当は私、コスモスが担当させて頂きます。
では早速今年の容量ランキングを一挙公開……の前に今年投稿があった事業者さんに限ったランキングを先に公開します。

資料容量ランキング・鉄道事業者編(2014年限定)
順位 事業社名 資料容量(MB)
1 広島電鉄 547.40
2 JR東日本 362.00
3 相模鉄道 264.96
4 阪堺電気軌道 209.45
5 西日本鉄道 183.97
6 函館市企業局交通部 135.28
7 札幌市交通局 67.42
8 青い森鉄道 64.99
9 JR西日本 62.74
10 東武鉄道 47.75
11 島原鉄道 29.94
12 国鉄 13.20
13 松浦鉄道 9.12


今年の年間MVPは547.40MBで広島電鉄さん。
2位のJR東日本さんを抑えての年間MVPに輝きました。


3位は相鉄さん……


4位は阪堺電軌さん……


5位に西鉄さんと続いています。


そして、総合的な順位表は以下の通りです。

資料容量ランキング・鉄道事業者編(総合)
順位 事業社名 資料容量(MB)
1 JR西日本 2517.06
2 JR九州 2373.78
3 JR東日本 1287.54
4 西日本鉄道 718.43
5 東京都交通局 556.17
6 広島電鉄 551.24
7 阪急電鉄 420.76
8 東京急行電鉄 385.55
9 相模鉄道 268.22
10 東武鉄道 267.91
11 長崎電気軌道 266.01
12 JR貨物 261.24
13 小田急電鉄 238.97
14 伊予鉄道 219.92
15 阪堺電気軌道 209.45
16 函館市企業局交通部 205.53
17 鹿児島市交通局 202.82
18 京浜急行電鉄 197.28
19 福岡市交通局 181.04
20 伊豆急行 156.83
21 土佐電気鉄道 136.08
22 京阪電気鉄道 130.67
23 国鉄 128.07
24 札幌市交通局 123.56
25 熊本市交通局 119.84
26 青い森鉄道 112.36
27 東京メトロ 89.11
28 岡山電気軌道 87.34
29 京王電鉄 58.61
30 福井鉄道 50.78
31 肥薩おれんじ鉄道 44.41
32 京福電気鉄道 44.02
33 JR東海 43.59
34 富山地方鉄道 35.71
35 島原鉄道 29.94
36 近畿日本鉄道 28.46
37 埼玉高速鉄道 23.15
38 豊橋鉄道 22.60
39 筑豊電気鉄道 20.36
40 三陸鉄道 19.75
41 弘南鉄道 17.85
42 万葉線 16.42
43 京成電鉄 16.16
44 熊本電気鉄道 15.80
45 富山ライトレール 13.77
46 大阪市交通局 10.29
47 松浦鉄道 9.12
48 JR北海道 5.41
49 JR四国 2.85
50 北総鉄道 2.50
51 秩父鉄道 1.81
52 錦川鉄道 1.16
53 平成筑豊鉄道 0.47
54 山陽電気鉄道 0.41


 

表彰台は例年通り、JR三社が独占。
JR九州さんには投稿が1MBもなかったので、1位と2位との差は前年より少し開いて居てます。
逆に、3位のJR東日本さんには362.00MBもの投稿がありましたので、表彰台に私鉄を割り込ませるのは一段と厳しくなりました。

4位以下は……西鉄さん、都営さん、広電さん、阪急さん、東急さん、相鉄さん、東武さんと続いています。



大手私鉄が多い中で、先に年間MVPを獲得した広電さんが総合的な容量でも健闘し、6位入賞を果たしています。


また、昨年TOP10から転落した東武さんは今年投稿が少しあったおかげでTOP10に返り咲く事ができました。

その他、100MBオーバーの事業者さんは26社にも増えてしまったので……
もう、100MB程度の容量ではTOP20入賞もままならない状況となりました。


コスモス:以上、前年に比べれると簡素ではありますが、資料写真容量ランキング・鉄道事業者編を終わります。
次でいきなり最後になりますが、車輌形式別ランキングの予定です。
なお、今年は中の人の都合もあり、地域別・車種別のランキング集計は中止しました。
予めご了承ください。

拍手[0回]

PR
【2014/12/26 14:09 】 | 資料写真容量ランキング | 有り難いご意見(0)
<<2014年資料容量ランキング 車輌形式編 | ホーム | 2014年資料容量ランキング JR対私鉄編>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>