忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/23 18:47 】 |
2014年資料容量ランキング JR対私鉄編

今年もあの企画の時期がやってきた。




レイ:と、いうわけでいきなりだが、2014年度資料写真容量ランキングの開催を宣言する。
今年は中の人が何かと忙しいので、例年より規模を縮小し、駆け足でやっていきたいと思う。
リアルでの忙しさが結構なものなので、あまり多くの時間は裂けない状況なのだ。申し訳ない。
(今年は中止する事も考えていたくらいだったからな)
また、駆け足で更新していくのでかなりのやっつけ仕事になる事が想定されるが、その点もご容赦願いたい。


さて、今回は2014年12月23日23:59時点までに投稿された写真・動画・効果音の容量の集計。
その他の細かいルールは、一昨年のこの記事を参考にしてくれ。


さて……まずは例年通り最初は、JR対私鉄編。
今現在アイマジック社公式掲示板に投稿されている資料の比率はご覧の通り。
JR・国鉄系車輌のシェアが51%(6619.54MB)に対し、我らが私鉄系車輌のシェアは49%(6328.63%)。
その勢力はかなり、拮抗してきた。


そして今年だけでみると、投稿総容量1998.22MBのうち、JR・国鉄系車輌のシェアが22%(437.94MB)、私鉄系車輌が78%(1560.28MB)と、今年だけなら我ら私鉄系車輌の投稿の方が圧倒的に多かった。


上の表をみればお分かりのように、昨年までは一年辺りの資料投稿はJR・国鉄系車輌の方が多かったのだが……

今回初めてその壁を打ち破る事に成功した。
あと少し私鉄系車輌の投稿があれば、総合的な容量でも私鉄系車輌が過半数を確保できたのだが、それはならなかった。
(我々でも今年の秋以降、まともに資料写真撮影にはいけなかったからな)


レイ:……と、短いが毎年恒例のJR・国鉄対私鉄の資料容量対決はこれで終了。
次は事業者別の容量ランキングを行う。

拍手[0回]

PR
【2014/12/26 13:50 】 | 資料写真容量ランキング | 有り難いご意見(0)
<<2014年資料容量ランキング 鉄道事業者編 | ホーム | 伊予鉄2100形製作記(屋根編)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>