忍者ブログ
  • 2018.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.06
りぞーと ☆ どるふぃん(おまけ)
Nikki47-Top.jpg
このイルカさんとハワイアンブルー、
VRM上でも早く拝みたいです。

CosmosV2-2.jpg
コスモス:と、いうわけで今回は先日行ってきた伊豆急2100系3次車『リゾートドルフィン』の撮影記の続きです。
と、申しましても今回はドルフィンそのものより、合間に撮影した物の紹介がメインですが。

Nikki46-3.jpg
まずはこの写真、前回の記事で書いたとおり、この写真は終点・伊豆急下田の2つ手前の駅である・・・・・・

Nikki47-1.jpg
こちら、稲梓駅付近の鉄橋で撮影しました。

Nikki47-2.jpg
待合室の光景がこちら。
無人駅ではありますが、この駅には、いわゆる秘境駅には定番のアイテムである・・・・・・

Nikki47-3.jpg
駅ノートがありました。
秘境駅系のブログやサイトなどで前々からその存在を知ってはいましたが、実際にこの目で見るのは初めてです。
しかも、結構な量の書き込みがありました。

余談ではありますが、ドルフィン撮影の為に鉄橋の下で待機している時、野生のニホンザルの親子が国道を横断しているのをみました。
猫かな……と最初は思っていただけに正体がわかった時はびっくりです。

Nikki47-5.jpg
所変わってこちらは伊豆高原駅の車輌基地。
撮影当日は、ドルフィン以外のリゾート21は車庫でお休み中でした。

Nikki47-6.jpg
黒船の方は、リゾート踊り子のヘッドマークを据え付け、明日の特急運用に備えていました。
撮影はしませんでしたが、係員さんが洗車したり、車内整備をしたりして入念に準備をしていました。
リゾート踊り子の旅は、伊豆高原車庫の皆さんの努力にも支えられているんですね。

Nikki47-7.jpg
で、アルファリゾートは手前の撮影し易い位置にいましたので、細部写真撮影を試みました。
ですが、位置的に全ての車輌を撮影することは出来ず、今回は投稿は断念。

次回伊豆に行った時、細部系の写真をたくさん撮影しておきたい所です。

Nikki47-8.jpg
そして、伊豆高原駅内にあった伊豆急資料館。
この間クモハ103の1両だけ復活した100系のパネルをチョイス。
(本物は影も形も見当たらなかったので)

イベント以外には顔を見せず、撮影難易度が高い相手という点では都電の花100と共通した存在です。
機会があれば撮影してみたい所ではありますが、その時は沿線は凄い人だかりでしょうね。


CosmosV2-1.jpg
コスモス:さて、ここからは前回頂きました拍手コメントに対するお返事です。

>リクエストした人さん
拍手、ならびに応援、どうもありがとうございます。
これでリゾート21の資料写真は一通り送った事になりますが、細部系の写真は本腰を入れては撮影していないので、いずれ細部系の写真も沢山投稿して、資料面での障害を完全にとりはらってしまいたい所です。

願わくばリゾート21に限らず、今年中に公式サイトの新車開発情報に私鉄車輌の名前が載るといいのですが……

拍手[1回]

PR
【2013/02/13 22:32 】 | VRM資料写真撮影記 | 有り難いご意見(0)
<<偽典・VRM北海道特集(1) | ホーム | りぞーと ☆ どるふぃん>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>