忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/23 18:47 】 |
いざ、北陸の私鉄電車に(4)

富山地鉄鉄道線撮影記の続き。


レイ:さて、列車側面の撮影の為に常願寺川までやってきた訳だが、この日は快晴。
立山連峰が綺麗に見えたので、Top画像にあるような立山連峰を絡めた写真が取り放題なロケーションだった。
(メインは側面の撮影だったので、立山連峰を絡めた写真はあまり数は取れなかったのが残念だったが)


で、そんなこんなで撮影レポ、参るか。
なお、今回は原則として撮影出来た車両の両側面の写真+前面からの写真をまとめてUPしている。
なので、いつもより写真の比率が多いが、ご容赦願いたい。












富山地鉄の顔、14760形(白)。











14760形(黄)。












元東急8090系、17480形。
学生時代にはお世話になった車両だが、これで富山から宇奈月温泉や立山に行くのは避けたい所(個人的感想)。
何せ、地鉄には他に魅力的な車輌が沢山あるからな。
(確実に避けたいのなら、アルプスエキスプレスやダブルデッカーなど観光列車を狙うのが吉)


















関西の方々御用達(と思う)、ダブルデッカーエキスプレス。











元京阪3000系仲間、10030形(黄色)。















こちらは関東の方々御用達(多分)、16010形(元西武5000系)・アルプスエキスプレス。







16010形、こちらはオリジナル版。
(これは都合上、片側の側面しか撮影出来無かった)


常願寺川には結構長くいたのだが、レア車両である10020形を除けばすべての車輌の撮影が出来たので満足。



そして、越中荏原駅に戻って14760(白)に乗り、電鉄富山へと帰還。



そして富山駅周辺にて、市内線を時間の許す限り撮影。
そして、乗車予定の列車の出発時刻になったので、一路次の目的地へと向かった。
向かう先は富山県以外の北陸地方では唯一、路面電車が走っている街だ。

拍手[0回]

PR
【2016/12/29 21:34 】 | VRM資料写真撮影記 | 有り難いご意見(0)
<<いざ、北陸の路面電車に(5) | ホーム | いざ、北陸の路面電車に?(3)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>