忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/23 18:48 】 |
北海道遠征2014(予告編)

一週間程前の事になるが、北海道遠征を敢行してきた。



レイ:私鉄派の我々が北海道に行った、という時点で何を撮影してきたのかは大体察しがつくと思われるが、読者諸兄の予想通りの事業者を撮影してきた。
前回(2012年)の遠征後に新しくデビューした車輌や、この時期にしか動かない車輌を撮影するためにな。

例によって写真まとめ作業中故、詳細はアイマジック社に資料投稿を済ませてからUPする予定だ。


レイ:そして、今回の北海道遠征では……
何度も行った北海道遠征で始めて、行きかえり両方とも飛行機というルートで遠征を行った。
一般の方なら、北海道に行くのに往復飛行機というのは至極普通だと思うが……


レイ:少し前の記事を見た方ならお分かりのように、我々はJRの夜行寝台特急も好きだからな。

今回行きのカシオペアを狙ったのだが、一ヶ月前みどりの窓口一番乗りを果たしても切符が取れなかった。
そして、前回のカシオペア乗車で効果を発揮したキャンセル待ちという手も通用せず、出発当日まで空席が出る事はなかった……

ご存知の通り北海道行き夜行寝台は、トワイライトエクスプレスが廃止確定、北斗星・カシオペアも廃止の可能性が高いという情報が流れている。
我々も今回最後の寝台特急での旅行と思い今回の遠征の計画を立てた訳だが……結果は残酷に過ぎた。

廃止間際に寝台特急『富士』に乗った時も似たような事を味わった経験があるが(最悪席=進行方向反対側のB寝台上段しか取れず、かなり辛い思いをしながら九州まで行った)、廃止の噂が流れ、キャンセル待ちという切り札が通用しなくなった以上、もう北海道行きの夜行寝台特急を旅行予定に組み込むのは無謀かも知れぬ。
いくら魅力的な列車が走っていても、乗りたい時に乗れないのでは何の意味もないからな。
(おかげでこちらは、往路の飛行機は正規運賃で乗る羽目になった)

拍手[1回]

PR
【2014/08/07 14:47 】 | VRM資料写真撮影記 | 有り難いご意見(0)
<<お祭り期間の函館市電(装形撮影レポート) | ホーム | 上信電鉄に愛を込めて>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>